メンズエステで守りたいマナー3選

メンズエステに行った際に紳士的な男性として守れたらよりカッコイイ!?

メンズエステにおいて最低限のマナーが存在していますがその中でも特に守っておきたい男性陣のマナー3選を今日はご紹介いたします。

この3大マナーを守って、お気に入りのセラピストに嫌われたり、お店の出禁になってしまう事に無いように気を付けていきましょう。

セラピストもマナーを守る利用者には最高のサービスでお出迎えしてくれます。

マナーを守って最高のサービスを受けて、お互いが気持ちよい関係を目指していきましょう。

 

メンズエステで守りたいマナー3選

1.施術前のシャワーで差をつける?

メンズエステでは男性が紙パンツ一枚の状態で施術を受けるため、施術前に必ずシャワーを浴びます。
施術を早く施術を受けたいからと、適当にシャワーを浴びて時間を短縮するのは実にもったいない事です。

なぜなら、メンズエステはセラピストが密着して行う施術が多く、利用者の隅々まで体を触ることが多いので、汗を流し切れていなかったり、部分部分での体臭が気になったりすると、セラピストの不快感が上がり、そのセラピストの最高のサービスを受けられなくなる可能性もあります。

シャワーは時間を惜しいを思わず、においの残りそうな部分は入念に洗いましょう。首回り、脇、股間は特に丁寧に洗い流す事で、極上の施術時間を楽しむことができるでしょう。

メンズエステでは、清潔な紳士であれば得をします。

清潔感は施術前のシャワーのみならず、入店前から心がけることもお勧めです。

 

2.あくまでも受け身に徹する

メンズエステで一番違反を起こしてしまいがちなこのマナー。

セラピストがセクシーな衣装で密着施術を行うため、触りたくなる気持ちはどんな男性でも理解できます。しかし、利用者はマッサージを受ける側であり、セラピストにマッサージしたい気持ちはあっても触ってはいきません。
どんなお店でもホームページ内にある規約か注意事項欄に必ず記載があります。

最初のうちは、笑顔でやんわり断ってくれるセラピストも違反が複数回になると施術のサービスもテンションどんどん低下していってしまいます。
せっかくセラピストがもっと密着しようとしていても、警戒して最高のサービスを受けられなくなってしまうかもしれません。

触りたい欲求を抑えた先にある、極上の快感を体験してみて下さい。

また、自分の理想通りにならずとも、セラピストへ暴言を吐くのは控えましょう。

クレームがある場合は直接セラピストに言うのではなく、お店に直接伝えましょう。 その場の空気が悪くなってしまって、気まずい時間を過ごしてしまうなんて事になれば、更なる不満につながります。

触れてはいけない分、男性はセクシーな衣装を存分に見たり、会話をしてセラピストと過ごす時間を最大限楽しんでみましょう。

 

3.無理に連絡先を聞かない

セラピストの連絡先はなるべく聞かないのが紳士的です。 密着施術を長い時間受けるため、どうしてももっと仲良くなりたい気持ちが出てくるのは自然な事です。
しかし、初回では特に関係性がまだまだ浅いためにセラピストからも警戒されてしまいます。もし、聞いてしまった場合でも断られたら潔く引きましょう。しつこく聞いてしまうのは絶対に避けましょう。

また、施術後は次の利用者の準備もあるため、セラピストは忙しいかったりします。 そのため、着替え終わったらサッと帰るなどの配慮ができる男性はセラピストからも好印象です。
当然名残惜しくなってしまいますが、もっと話したい時には、延長するか次回、また同じセラピストを指名してあげると、セラピストからとても喜ばれます。

最近ではほとんどのセラピストがTwitterをやっています。  施術後にTwitterのDMでお礼を言ったり、投稿に対して返信をしてあげるなども好印象につながります。  施術中は返信などが出来ないこともありますが、是非気長に待ってあげて下さい。

セラピスト側から連絡先を聞かれるような紳士的な男性を共に目指していきましょう。

 

 

 

↓ おすすめ 記事 ↓

 

何故新橋にはメンズエステが多いのか

新橋にある可愛いと有名なメンズエステ

極上の鼠径部リンパマッサージを受けるには?

 

 

JR新橋駅烏森口から徒歩3分のオフィス街にて

厳選された日本人セラピストによる最上級のおもてなしで

皆様の心と身体に至福のひとときをご提供いたします。

新橋・汐留・銀座・虎ノ門メンズエステエルフ

営業時間 12:00~LAST
電話番号 080-7049-0369
定休日  年中無休
住 所  東京都港区新橋駅烏森口よりお電話ください。

新橋メンズエステエルフは駅より徒歩3分です。